傷跡・やけど跡のスキンケア

キズ痕やヤケドの痕を消して、なめらかな肌を取り戻してくれると評判の傷消しクリームや、肉割れ線の改善に人気のあるクリーム、オイルをご紹介しています。
手術後の傷跡や火傷跡、妊娠線(ストレッチマーク)の悩みにご利用ください。

皮膚の保護と再生を目的としたシリコンジェル

ケロコートケロコートは、かなり以前から販売されていますが、未だに人気があるお肌の傷消しクリームです。

取り扱い販売店の「ケロコート」についての商品説明の抜粋です。
世界で唯一の特許を取得したケロコートは、皮膚の保護と再生を目的としたシリコンジェルです。赤いケロイド状・肥大した傷跡・普通の傷跡やニキビ跡まで、今まではレーザー手術しか手がなかったお肌の傷消しに ケロコートは1日1回塗るだけで、とても簡単に傷んだ皮膚を保護し、お肌に最適な環境をもたらします。

いろんな傷跡ケア製品

肌、皮膚の傷跡(スカー)ケア関連の製品を集めてみました。メデルマは随分以前から販売されている傷消しジェルです。トリポロンはハサミで小さく切って使用できます。

メダーマメダーマ
植物エキスのCepalinが含まれる傷消しジェルです。メダーマは手術の傷、にきびの跡、やけど、妊娠線、ケガなどの傷跡をソフトに目立たなくする助けをします。


カクシーラー
カクシーラーは傷跡ケア製品ではありません。
傷跡やアザ、タトゥーを隠す用途のコンシーラーです。
製品説明には傷痕も隠すように書かれています。
このアイテムも一度、お試しなさってはいかがでしょうか。

手術の傷痕

手術の傷痕数年前ですが、管理人のわたしも手術した後にキズ消しのクリームを探したことがありました。
テープ状(市販のバンソウコウのような形状で細い)のものを看護師さんからいただいて使用していました。
わたしの場合は胃潰瘍の大きな手術痕ですが、テープ状の製品でも、かなり綺麗になおりました。(体質によって違うかもしれません)

傷消しテープは大きな病院ならばあるかもしれないです。病院売店に置いてないことがあるので、病院売店レジのおばさんか看護師さんに直接お尋ねください。わたしの場合、売店レジのおばさんに言わないと出してくれませんでした。

サイト内ではクリーム状の製品もご紹介してあります。テープ状の製品はテープを貼るのが面倒になってしまいますが、クリーム状だと塗ってマッサージするだけですから簡単です。一度、お試しください。

追記)
わたしは病院で頂いた傷消しテープを半年程度貼り続けましたが、メスを入れた傷が薄っすらと白い線となって残っています。
ご紹介しているアイテムの商品説明は、取り扱い販売店の説明文を抜粋して掲載しています。特にアメリカの製品について、取り扱い販売店はメーカーの商品説明文を和訳しているだけだと思いますので、「クリームを付けて傷が治る」などの過度な期待をなさらない方が良いかと思います。
ご購入、使用は自己判断でお願いいたします。